本文へ移動

重要!!玉葱の抽苔について

トウ立ちのメカニズムについて

玉葱が抽苔・分球してしまう条件

抽苔について
苗の直径が8mm以上になり、それから低温に一定期間あってしまうと花芽分化してしまい、長日条件の下で抽苔が促進されます。
分球について
秋まき栽培で早まきしたり、苗が大きくなりすぎた時、一次分球が見られることがありますが、その苗が肥大すると玉割れ現象を起こします。
葉が青立ちしている株で裂球が多く見られます。肥大期に入って球内分球している株が、チッソの遅効きとなったり、冷涼な気候になると若返って内部から葉が展開してきて、変形球になって青立ちすることが多くなります。

一昨年は玉ねぎのトウ立ちが多発しました!

一昨年は秋~冬にかけて雪が少なく天候に恵まれた為、秋の野菜は順調に生育しました。
もちろん玉葱も然りですが、いわば大苗の状態になってから年明けに雪が降り出した為、抽苔の条件が揃ってしまいました。
こうなると生理現象の為、抜本的な対策はありません。
もし花芽が上がってきたら・・・早めに収穫して食べてしまいましょう。
株式会社高橋種苗
〒990-0822
山形県山形市北山形一丁目1番5号
TEL.023-643-8209
FAX.023-644-2723
種苗卸小売・園芸資材・肥料・農薬
TOPへ戻る