本文へ移動

重要!!玉葱の抽苔について

トウ立ちのメカニズムについて

玉葱が収穫前に花芽があがって来てしまった、という方いませんか?

抽苔について
の直径が8mm以上になり、それから低温に一定期間あってしまうと花芽分化のスイッチが入ります。そして日が長くなっていくと抽苔が促進されます
定植の深さについて
苗をあまり深く植えると玉は縦長になってしまいます。かといって浅すぎると扁平になってしまします。目安は苗鞘の半分くらい、もしくは大人の指の第一関節までくらいの深さが適当になるかと思います。

一昨年は玉ねぎのトウ立ちが多発しました!

秋も深まり大分寒くなってきましたが、10月25日は旧暦でいうと9月20日。本格的な寒さになるのはもう少し先かと思われます。今年~来年の長期予報としても、冬は雪が多いが、本格的な寒さが来るまでは、秋にしては暖かい天候が続くとの事です。
よって、玉ねぎも生育が進む事が予想されますが、植えた玉葱が太くなってから雪がくると・・・抽苔は止められません。苗はあまり大きくないもの、もしくは少し放置して萎らせてから定植しましょう。
もし花芽が上がってきたら・・・早めに収穫して食べてしまいましょう。
株式会社高橋種苗
〒990-0822
山形県山形市北山形一丁目1番5号
TEL.023-643-8209
FAX.023-644-2723
種苗卸小売・園芸資材・肥料・農薬
TOPへ戻る